Loading

GALLERY

ギャラリー

大好きな海と花に囲まれた幸せな時間。【海外ウエディング:CEBU ISLAND】

◉おふたりのストーリー

IT関係の企業に勤務の新郎とフローリストの新婦は大学時代の同級生。本物志向で好きなものを明確にお持ちで大人なおふたりの希望は、「おおげさな結婚式はしたくないけれどチョイスするものにはこだわりたい」。国内でのウエディングプランも浮上しながら、新郎父様がセブ島に移住されていることもあり、最終的には海外挙式でご決定。親族・友人参加の結婚式となりました。

◉ウエディングプロセス

新婦の希望は「経営するフラワーショップのスタッフに装花を制作してもらいたい」「ゲストと海を楽しみたい」「堅苦しくない」結婚式。

海外挙式の場合、現地スタッフと入念な打合せを重ねてもそれはメールや電話でのこと。また、予定していることが急に様変わりすることも!(日本とは感覚や価値観、時間軸が違うのですね)やはり直接目で見て確かめることが重要です。挙式の4日前に新婦と現地入りし、まずはリハーサルディナー(ゲストの顔合わせパーティ)の場所と詳細の確認。そして装花制作の準備。スタッフが制作する花を新婦が現地でチョイスしたいという希望もポイントのひとつだったため、花の種類の豊富さを考慮し、現地で最大級規模の市場「カルボンマーケット」へ。予想以上に素敵な花がたくさん手に入り、新婦の顔が一気に幸せそうな表情に変わったことが印象的でした。万全を期して持参したフェイクフラワーを使用することがなくひと安心です。
「海を楽しむこと」は現地在住のお父様の尽力により、ホテルのハーバーから船を出し、船内でのカジュアルパーティと離島に到着してからのバーベキューに決定。スノーケリングが好きなおふたりは3点セットを持参されて来たので、「クルーズの合間でポイントに止まりスノーケリング」案も決定です。

あとは、個々のスケジュールで現地入りされるゲストのお迎えのみ。結婚式を楽しんで頂くためには、結婚式以外の時間を満喫してもらうことも大切なのですね。

◉ウエディングコンセプト
コンセプト
大好きな海と花、そしてゲストに囲まれたプライベートウエディング ~父の住む南の島の楽園でゲストとともに海を満喫したい~ ~装花はすべてオリジナル、自分たちでデザイン/制作したい~
ビジュアルイメージ
空と海(ブルー&ホワイト)のナチュラル、またインパクトのある印象に アクセントとして色彩豊かなアジアンテイストを加えたイメージ
テーマカラー
ダークブルー×トルコブルーのコントラスト
キーアイテム
セブ島現地の市場「カルボンマーケット」で準備した花たち
日   時
2014年8月
新郎新婦
淳史 & ひろみさん
場   所
フィリピン共和国 セブ
挙   式
マクタン島「ホテルシャングリラマクタンリゾート&スパ/オーシャンパビリオン」。
披 露 宴
◉前夜のリハーサルディナー(ゲストの顔合わせパーティ) 「ホテルシャングリラマクタンリゾート&スパ」内レストランアクア ◉挙式後のパーティ 「ボラカイ島周辺の離島にアイランドホッピング」

Movie

仏前挙式/披露宴
@総本山醍醐寺

神社挙式/レストランウエディング
@イン ザ グリーン

パブリック&伝統ウエディング
@龍谷大学大宮学舎

パブリック&レストランウエディング
@梅小路公園