Loading

GALLERY

ギャラリー

縁が幾重に重なり繋がる佳日。【和婚 / 料亭ウエディング】

◉おふたりのストーリー

新郎様は病院の救急外来ご勤務の医師。
ご実家の事業のお手伝いと新郎様をサポートされている新婦様。
結婚まで進まれた過程の中で、
人・物・事象と様々なことに縁や繋がりを実感し、
それらに感謝し、大切にされてきたおふたり。

◉ウエディングプロセス
「派手なものは苦手だし、結婚式の希望もあまりないんです」。
そんなお話から始まりましたが、本当はたくさんの思いをお持ちだったおふたり。
お茶会がきっかけで出逢われたこと、
初めてのデートは月が綺麗な日に野点でお茶を楽しまれたこと、
新郎様が大事にされていたお茶碗が破損した時、新婦様が金継ぎを習得され
お茶碗が蘇ったこと(挙式で使用されました)、
出逢う前に新郎様に縁のある熊野に新婦様が行かれたこと。
また、思い出やエピソードと共にそれぞれの恩師・友人・家族のお話・・・。

おふたりの思いが形となったヴィジュアルマップは、
新しいものと古いもの、和と洋がミックスされたシックで上質感のあるテイスト。
装飾も、演出も、ゲストへの配慮や目に見えない心配りも、
マップをもとに選択・決定されました。

料亭「山荘京大和」での茶婚式、そして披露宴。
当日の準備だけでなく、熊野本宮大社(熊野詣)に結婚の報告に行かれたり、
おふたり揃ってお茶の稽古に通われたり、と
結婚に向けてひとつずつ・丁寧に準備を進められました。

来賓・友人・親族様と総勢90名様の披露宴。
冒頭に新郎様がおふたりの思いや大切にされていること
~まさにウエディングコンセプト~をお話され、
ゲストから大きな拍手と激励を受けられたシーンが印象的でした。

場合によっては一見堅くなりそうな、VIPの方々が多数出席された披露宴。
なのに、新郎様が何かを発したり動かれる度に、笑いや歓声や拍手が沸き起こります。

ゲストがリラックスされ楽しんでおられる様子、会場全体の一体感。
おふたりの思いがゲストに伝わることの素晴らしさ、
そしてゲストが「祝福」という形で応えてくださる素晴らしさ、
それぞれの思いがたくさん詰まった結婚式でした。

◉ウエディングコンセプト
●コンセプト
古き良き時代の上質と、縁そして繋がりを感じてもらう結婚式
●ヴィジュアルイメージ
クラシック+オーセンティック
●テーマカラー
アンティークパステル × ダークブルー
●キーアイテム
お点前と月
●日  時
2015年5月
●新郎新婦
N & Sさん
●場  所
京都市
●挙  式
胡盧庵(山荘京大和茶室)にて茶婚式
●披 露 宴
山荘京大和(京都市東山区)
●写真撮影
OFFICE KARL

Movie

仏前挙式/披露宴
@総本山醍醐寺

神社挙式/レストランウエディング
@イン ザ グリーン

パブリック&伝統ウエディング
@龍谷大学大宮学舎

パブリック&レストランウエディング
@梅小路公園